7番勝負、5番勝負

DSC003011028.jpg 誠大君(8級)と優希君(8級)はとても仲良し、でもライバル同士、二人とも将棋のセンスが良く成長も早い。今回は、この二人の7番勝負。将棋大会で準優勝した誠大、自信をもって挑んだ1局目、しかし、結果は、優希の勝ち。2局目も優希の勝利。どうした誠大。3局目、結果を気にせず集中、勝った。4局目も勝ち、2勝2敗となった。5局目、優希の勝ち、王手とした。6局目、今度は誠大が勝利。逆王手として勝負は最終戦へ。今回は、結果、誠大が逆転勝ちしましたが、勝負は時の運、次回の対戦ではどちらが勝つか、この二人の場合は、全くわかりません。
 久しぶりに奏君と和貴君が来席、何局か指した後で、二人の5番勝負が始まりました。1局、2局目と和貴が連勝し、このまま勝負が決まるか、そう簡単にはいかない。奏は、土壇場に追い込まれてから力を発揮するタイプ。最終戦は、奏の逆転勝利でした。和貴も惜しかった。勝負ごとは、最後まで気を抜いてはならない。


この記事へのコメント